法人保険の新しい販売モデル登場!
社長の手取りを“千万単位”で増やす「仕組み」の作り方

『役員退職金プラン爆販パッケージ』
【社長の報酬総額最大化シミュレーション付き】

もしあなたの提案プランで1,114万円も!
会社と社長の手元に残る“キャッシュ”が増えるとしたら
その提案を「無視」できる社長がいるでしょうか?

大半の社長は「退職金」のことで悩んでいない事実

こんにちは、田中正博です。(プロフィールはコチラ

タイトルを見て、「何を今さら?」と思った方もいるでしょう。そうです。今回のテーマは【役員退職金プラン】です。しかし、販売プランは【役員退職金プラン】でも、それを販売するプロセスが大きく違います。つまり、今回は“従来とは異なる切り口”でオーナー社長にアプローチすることで、【役員退職金プラン】を爆販することを目的にしています…

なぜか?
理由はシンプルです。実は、【役員退職金プラン】は保険営業マンにとって「教科書通りの正攻法」では“売りにくいプラン”だからです。実際、「社長、含み資産を形成しながら役員退職金を準備しませんか?」なんて教科書通りのアプローチをしてもほぼ100%玉砕してしまうはずです…

その最大の原因は「退職金」という言葉にある。(と、僕は確信しています)保険営業マンが【役員退職金プラン】を販売したい相手は“現役社長”なはずです。しかし、冷静になって考えてみると分かります。世の中の大半の社長は「退職金」のことで悩んでいないのです。それよりも経営上の優先課題はいくらでもあるし、自分が引退することなんて端から考えてないからです。ここに、売り手と買い手と間に大きなミスマッチが起きています。

見込企業の66.7%は【役員退職金プラン】に未加入!?

そうした現実を反映してか、実は「役員退職金」を支給していない中小企業はあなたの想像以上に多いのです。日頃から「役員退職金」という言葉に慣れ親しんだ保険営業マンにとっては意外でしょうが、本当の話です。逆の見方をすると、【役員退職金プラン】には保険営業マンにとって“有望なマーケットがまだ残っている”ともいえるでしょう。

その証拠に以下をご覧ください。平成25年の総務省調査によると、従業員50名未満の中小企業の66.7%に「役員退職金制度」がないと分かります。(おそらくあなたのターゲットは従業員50名未満の中小企業ですよね?)

【役員退職慰労金制度の有無】%e9%80%80%e8%81%b7%e9%87%91%e5%88%b6%e5%ba%a6%e3%81%ae%e6%9c%89%e7%84%a1

ご存知のとおり、長期定期保険や逓増定期保険などを活用した【役員退職金プラン】には大きな経済メリットがあります。通常、会社が退職金原資を「現金」で準備すれば法人税の負担が発生します。ところが、【役員退職金プラン】を活用することで退職金原資〈の一部〉を“費用化”できるので、その分だけ投資効率を高めることができるからです。それだけではありません…

世の中には税金や社会保険の知識がないばかりに自分の役員報酬を“お手盛り”で決めている社長が大勢います。往々にして、そういう社長は「稼いでもお金が残らない…」という状況に陥りがちなのですが、そういう社長にこそ、【役員退職金プラン】は最適です。

例えば、役員報酬の一部を下げて【役員退職金プラン】に加入します。そうして積み立てた分は「役員退職金」として後払いで受け取ると、【社長】は入口〈保険料支払中〉で「税金」と「社会保険料」の削減効果、出口〈保険料支払後〉で「退職所得」の優遇税制を享受できます。

一方、【会社】は入口〈保険料支払中〉で「社会保険料」の削減効果、出口〈保険料支払後〉で解約返戻金を「役員退職金」として支給することで全額損金処理できます。その結果として、社長と会社の手元に残るキャッシュが“数千万単位”で違ってくるわけです。

【役員報酬の一部を下げて加入した場合の概念図】%e9%80%80%e8%81%b7%e9%87%91%e6%a6%82%e5%bf%b5%e5%9b%b3

報酬の後払いで年間244万円もキャッシュが増える!

具体例を挙げましょう。【対策前:役員報酬1,200万円】【対策後:役員報酬600万円+退職金積立600万円】とで社長と会社のコスト負担を比べてみましょう。ここでいうコストとは「税金」と「社会保険料」の負担をいいます。ご覧のとおり、「対策後」は【社長】のコスト削減額は1,979,162円、【会社】のコスト削減額は463,262円で合計2,442,425円になります。

【役員報酬1,200万円vs役員報酬600万円+退職金積立600万円】%e3%82%b3%e3%82%b9%e3%83%88%e5%89%8a%e6%b8%9b%e6%af%94%e8%bc%83

仮に、これが15年続けば累計で36,636,372円…①(2,442,425 円×15 年)です。一方、15 年間は600 万円を外部積立に回していますので合計が 600 万円×15 年=9,000万円です。この9,000万円を退職金で受け取ると税額は16,210,284円…②になります。

【退職所得税額の計算】(※役員在任年数30年で計算)%e9%80%80%e8%81%b7%e6%89%80%e5%be%97%e7%a8%8e%e9%a1%8d

15年間のコスト削減額の累計は36,636,372円…①。これは手元キャッシュ増加要因です。一方、退職所得税額は16,210,284円…②。これは手元キャッシュ減少要因です。そこで、増加要因と減少要因を差引します。その結果、15 年間600 万円を外部積立すると、累計20,426,088円も手元キャッシュが増えたことになるわけです。

 ∴ 36,636,372円…① - 16,210,284円…② = 差額 20,426,088円!

ただし、このケースでは役員報酬を600万円下げて退職金の積み立てに回しています。役員報酬を下げればその分だけ法人所得が増加し、そのままでは法人税で持って行かれてしまいます。そこで、このデメリットを抑えるために、ここで退職金原資〈の一部〉を“費用化”できる【役員退職金プラン】が有効なツールになるわけです。

社長が前のめりになる“切り口”に刷新する!

このように【役員退職金プラン】は会社にも、社長にも、大きな経済メリットをもたらします。にもかかわらず、営業現場で【役員退職金プラン】を提案しても前のめりになる社長が少ないのが実情です。先述のとおり、退職金で悩んでいる現役社長は少ないからです。ゆえに、販売面においては、【退職金】という言葉がブレーキになってしまいます。本来あなたがターゲットにしたい現役社長にとって“NGワード”であるともいえるのです。とはいえ、、、

あなたが売りたいのは【役員退職金プラン】です。このプランに加入すれば会社にも社長にも大きなメリットがあります。しかし、そのプランについて社長に話を聞いてもらうチャンスがありません。たいていは提案前に断られてしまいます…

ならば、どうするか?
「売り方」を変える。これしか方法はありません。具体的には、【役員退職金プラン】の販売モデルを、本来あなたがターゲットにしたい現役社長が前のめりになる“切り口”に刷新するのです。そのためにまずは【役員退職金プラン】の「アプローチの方法」から「セールストーク」や「営業ツール」に至るまですべてを作り直します。

また、【役員退職金プラン】のデメリットの1つに“長期間の保険料支払い”が挙げられます。これを嫌がる社長も大勢います。よって、この点も解決策を用意しておく必要があります。もちろん、役員退職金そのものへの深い知識も必要です。

そうした一切合財を、すべてパッケージにして1つの【販売モデル】としてご提供するのが!
今回あなたにご案内する『役員退職金プラン爆販パッケージ』です…

法人保険の新しい販売モデル登場!
社長の手取りを“千万単位”で増やす「仕組み」の作り方

『役員退職金プラン爆販パッケージ』
【社長の報酬総額最大化シミュレーション付き】

もしあなたの提案プランで1,114万円も!
会社と社長の手元に残る“キャッシュ”が増えるとしたら
その提案を「無視」できる社長がいるでしょうか?

『役員退職金プラン爆販パッケージ』は大きく2つのコンテンツに分かれます。ひとつは【コンテンツ|コンサルティング実践マニュアル】、もうひとつは【コンテンツ|コンサルティング実行キット】です。【コンサルティング実践マニュアル】はこのスキームの全貌をステップ・バイ・ステップで詳細解説したものです。【コンサルティング実行キット】は見込企業へのアプローチ~保険提案までの営業ツール一式です。以下、それぞれを説明しましょう…

【コンテンツ|コンサルティング実践マニュアル】

役員退職金プランの新しい販売モデルを徹底解説!

マニュアルは2部構成です。第1部は【実務知識編】、第2部は【コンサルティング実践編】です。【実務知識編】では『役員退職金プラン爆販パッケージ』を活用するうえで必要な知識をマスターしてもらいます。【コンサルティング実践編】では営業ツールや特典の使い方、コンサルティングの実行手順、営業上の想定問答などを詳細解説しています。

%e3%83%9e%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%83%ab

第1部|実務知識編
Chapter1 役員退職金の基礎知識
役員退職金とは?
✔ 役員退職金のメリットvsデメリット
✔ 役員退職金を支給する際の2大ポイント
✔ 役員退職金を支給できる役員の範囲
✔ 役員退職金の適正額
✔ 役員退職金の支給プロセス
✔ 役員退職金の税務上の取り扱い
✔ 分掌変更による複数回支給の注意点
✔ 役員退職金の分割支給について
✔ 役員退職金を前倒しでもらう究極の方法
✔ 役員退職金に関するよくある誤解
✔ 役員退職金にまつわる租税判例
Chapter2 現役社長が思わず前のめりになる【販売モデル】の作り方
✔ 会社からキャッシュが流出しない仕組みを作る
✔【役員退職金プラン】のおさらい
✔【役員退職金プラン】のデメリットとその回避策
✔ 会社と社長の手元キャッシュ増加推移シミュレーション
✔ 現役社長に響く訴求ポイントとアプローチ方法
✔ 保険提案ポイント解説
✔ 契約単価を上げるキーワード(人数・回数・5年)
第2部|コンサルティング実践編
Chapter3 営業ツール一式と編集方法
✔ 営業ツール一式の解説
✔ 営業ツール❶:ヒアリングシート
✔ 営業ツール❷:簡易シミュレーションソフト
✔ 営業ツール❸:プレゼン提案書&台本
✔ 営業ツールの編集方法
Chapter4 コンサル実行手順と営業ツールの使い方
✔ 5つのコンサルティング実行手順
✔ 実行ステップ1:ヒアリングシートを取り付ける
✔ 実行ステップ2:簡易シミュレーションを作成する
✔ 実行ステップ3:プレゼン提案書でプランを解説する
✔ 実行ステップ4:社長にプラン導入の意思を確認する
✔ 実行ステップ5:役員退職金プランを提示する
✔ 営業現場の想定問答集
Chapter5 購入者特典の使い方
✔ ポイント解説付き役員退職金社内書式サンプル集の使い方
✔【付録】役員退職慰労金・弔慰金規程 [保険契約現物支給の条文付き]

なお、【コンテンツ|コンサルティング実践マニュアル】は社内研修のテキストとしても使用できるよう、冊子印刷版に加えて CD-R にも収録してご 提供しますので、スタッフがいる方などは必要部数を印刷などして使い倒してください。

新しい法人保険の販売モデル|役員退職金プラン爆販パッケージ

【コンテンツ|コンサルティング実行キット】

アプローチ~保険提案までをサポートする3点セット!

【コンサルティング実行キット】の内容は「❶ヒアリングシート」「❷簡易シミュレーションソフト」「❸プレゼン提案書&台本」の3点セットになります。これらの営業ツールは見込企業へのアプローチ~保険提案までの販売モデルを構築するためのもので、いずれも“あなたの事務所名を入れ替えるだけ”で活用いただけるようにしてあります。

%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%ab%e5%ae%9f%e8%a1%8c%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%88

なお、【コンサルティング実行キット】では【役員退職金プラン】という言葉は一切使っておりません。その代り、【社長の報酬総額最大化スキーム】という言葉に置き換えています。そうする理由はシンプルです。こっちの方が社長の喰いつきが良いからです。人は物事を必ず「言葉」に置き換えて考えます。ゆえに、提案プランの“ネーミング”も営業上の重要要素になるのです。

❶ ヒアリングシート

%e3%83%92%e3%82%a2%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88「ヒアリングシート」はEXCELで作成されています。これは問診票であり、あなたのコンサルティングの起点になります。「ヒアリングシート」の質問項目は“新しい切り口”で【役員退職金プラン】を提案する際の重要ポイントになります。その回答をもとに「簡易シミュレーションソフト」の「出力帳票」を作成していきます。

❷ 簡易シミュレーションソフト&出力帳票

%e7%b0%a1%e6%98%93%e8%a8%88%e7%ae%97%e3%82%bd%e3%83%95%e3%83%88%ef%bd%9c%e5%85%a5%e5%8a%9b%e7%94%bb%e9%9d%a2%e7%b0%a1%e6%98%93%e8%a8%88%e7%ae%97%e3%82%bd%e3%83%95%e3%83%88%ef%bd%9c%e5%87%ba%e5%8a%9b%e5%b8%b3%e7%a5%a8「簡易シミュレーションソフト」はEXCELで作成した簡易計算ソフトです。現行の「税金」と「社会保険料」の数値が既に設定してあります。後は「ヒアリングシート」の情報を入力するだけ。それだけで、【役員退職金プラン】の“加入中”における「税金」と「社会保険料」の削減額と、“解約時”における「退職所得税額」と「資金移転コスト」が自動計算される仕組みです。(※解約返戻率が100%以下の場合は「元本減少分」も含めて自動計算します)

【提案プランを7年後に資金移転したシミュレーション】%e7%b0%a1%e6%98%93%e8%a8%88%e7%ae%97%e3%82%bd%e3%83%95%e3%83%88%ef%bd%9c%e8%b3%87%e9%87%91%e7%a7%bb%e8%bb%a2

 

ここで計算した「出力帳票」を社長に見せれば、「実際にいくら手元キャッシュが増えるのか?」が一目瞭然で分かるようになっています。つまり、ビフォー・アフターで示された“数字”という厳然たる事実が社長を自己説得してくれるわけです。「出力帳票」を見せれば、たいていの社長は「で、私の場合はどうすればいいのいか?」とあなたに聞いてくるはずです。

そうなったら、いよいよ“具体的な解決策”を提示する番です。つまり、【役員退職金プラン】について社長に分かりやすくレクチャーしてあげるわけです。その際に活用できる「プレゼン提案書&台本」も用意しております。

❸ プレゼン提案書&台本

%e6%8f%90%e6%a1%88%e6%9b%b8「プレゼン提案書」は【役員退職金プラン】を社長にプレゼンするためのツールです。「プレゼン提案書」は「どういうロジックで会社と社長の手元に残るキャッシュを最大化するのか?」「このプランにはどのようなメリットがあって、どのようなデメリットがあるのか?」「導入するには何をどうすればいいのか?」がページをめくるだけで解説できるよう作られています。

「プレゼン提案書」は編集可能なWORD形式でCD-R収録してありますので、あなたの事務所情報を入力してご自由にお使いになってください。(※付属の「台本〈トークシナリオ〉」はPDF形式でのCD-R収録になります)ただし、この手のツールは特定保険会社の募集文書登録を取得することが難しいものです。よって、あくまでも市販本と同じで『著作物』として制作しています。保険会社等の対応を含めて、ご使用にあたっては自己責任でお願いします。

コンサルティングの実行手順

コンサルティングの実行手順はシンプルです。まずは社長に「ヒアリングシート」を書いてもらいます。もちろん、その際は現役社長が前のめりになる“切り口”でアプローチするのがポイントです。そうやって「ヒアリングシート」を取り付けたら「簡易シミュレーションソフト」を使って「実際にいくら手元に残るキャッシュが増えるのか?」の概算数値を提示できるようになります。人によっては“千万単位”でキャッシュが増えたシミュレーションになるでしょう。

そうして後日、「簡易シミュレーションソフト」の「出力帳票」と「プレゼン提案書」を持参して社長を訪問します。「プレゼン提案書」には会社と社長の手元に残るキャッシュを最大化する方法が解説されています。従って、プレゼンの場では保険提案のためのニード喚起などは不要です。そんなことをせずとも、「このプランを使って手元に残るキャッシュを増やしたいかどうか?」を確認するだけで自然に保険提案に進めるようになっているからです。

このように自然な流れで提案できるのが『役員退職金プラン爆販パッケージ』です。この流れを再現するのに必要なのは、社長に「ヒアリングシート」を書いてもらうことだけです。後はそこに書かれた情報をもとに「簡易シミュレーションソフト」で「出力帳票」を作成し、「プレゼン提案書」をもとに説明すれば保険提案につながるという寸法です。まとめると、こうです。

【コンサルティング実行手順】%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%ab%e5%ae%9f%e8%a1%8c%e6%89%8b%e9%a0%86

お気付きでしょう。保険プランを提示するのは最後のステップです。つまり、その前の「ステップ4」で「このプランで手元に残るキャッシュを増やしたいかどうか?」と社長に意思確認を済ませている状態です。

ではなぜそうするのか?
その理由はシンプルです。これが法人保険提案において成約率を飛躍させる「秘訣」だからです。実際、たいていのトップ営業マンはこの流れでセールスしており、彼らの成約率が高い「秘訣」でもあります。考えてみてください。見込客が保険に加入するのはすべからく問題を解決するためです。保険商品はそのための“単なるツール”に過ぎません。よって、セールスではあくまでも主役は【問題解決の方法】で、脇役が【保険商品】という位置付けになるわけです。

新しい法人保険の販売モデル|役員退職金プラン爆販パッケージ

【特典|ポイント解説付き役員退職金社内書式サンプル集】

ポイント解説付きの社内書式サンプル集

【購入者特典】として「役員退職金社内書式サンプル集」をご提供します。ご存知でしょうが、役員退職金の支給については税務署から見た「形式基準」を満たす必要があります。(当然、「実質基準」もしかりです)要は、「形式基準」を満たすためには社内規定を整備し、それに基づいて役員退職金を支給しなければいけないということです。

具体的には「役員退職金規程」「株主総会議事録」「取締役会議事録」などの社内書式がそうです。もちろん、これらの社内書式は「ひな形」としてネット上などに数多く出回っています。しかし、単に「ひな形」をダウンロードしただけでは、そこに書かれた内容の「どこにポイントがあるのか?」「どこを自社用に編集すればいいのか?」が分からないことが多いものです。

【役員退職金社内書式集サンプル】%e5%bd%b9%e5%93%a1%e9%80%80%e8%81%b7%e9%87%91%e8%a6%8f%e7%a8%8b%e9%9b%86

例えば、通常の「役員退職金規程」には【退任時の報酬月額×役員在任年数×功績倍率】という計算式が記載されています。しかし、そこで記載されているのが「最終報酬月額」なら注意が必要です。「最終報酬月額」が低い場合は役員在任中の功績が退職金に反映されないからです。また、役員退職金の分割支給はよくあるケースです。しかし、分割支給するためにはその旨を盛り込んだ「議事録」が必要になってきます。こういう知識情報は「ひな形」では分かりませんよね。

そこで、「役員退職金社内書式サンプル集」では各社内書式の「どこにポイントがあるのか?」「どこを自社用に編集すればいいのか?」が分かるよう、ポイント解説を加えています。「役員退職金社内書式サンプル集」はWORD原稿をCD-Rに収録してご提供します。それらをコピーして社長に渡してあげれば、きっと喜んでもらえるでしょう。

新しい法人保険の販売モデル|役員退職金プラン爆販パッケージ

【オプションサービス|購入者サポート】

購入者サポートサイトのオプション利用

【オプションサービス】として購入者サポートも用意しております。これは『役員退職金プラン爆販パッケージ』のコンサルティング実践にあたって、あなたをサポートするものです。『役員退職金プラン爆販パッケージ』についてはロジックさえ理解できれば、導入実務も簡単です。もちろん、まったくの合法的プランですから安心して見込企業に提案していただけます。

その辺りは【コンテンツ|コンサルティング実践マニュアル】で詳細解説していますし、保険営業マンであれば【役員退職金プラン】そのものはよくご存知なはずです。よって、実務知識の豊富な方にはサポートは不要でしょう。(※当然、商品内容に関するお問い合わせにはご対応いたします)その意味で今回の購入者サポートは【オプションサービス】にしています。

【購入者サポートサイト】%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%882

とはいえ、『役員退職金プラン爆販パッケージ』は「税」や「社会保険」の知識を横断的に網羅した実務ノウハウです。とりわけ、個人事業主や保険会社所属の営業マンは営業現場で不明な点が生じたり、戸惑ったりすることもあるでしょう。そんな方のためにも「購入者サポートサイト」を用意しております。実務にあたって不明な点があれば「購入者サポートサイト」を通じてご相談ください。原則、2営業日以内に回答いたします。

「購入者サポートサイト」はご利用者以外が閲覧できないようになっています。また、「購入者サポートサイト」ではご利用者のご質問にお答えするとともに、ご利用者の方々に参考になる事例を収集し、それを随時公開していきます。(※「購入者サポートサイト」のURL及びパスワードは商品同梱の案内文でお知らせします)

【サポートの範囲について】

サポートの範囲は『役員退職金プラン爆販パッケージ』に関わる内容に限ります。例えば、「どうすれば売上アップできるでしょうか?」「広告チラシを添削していただけないでしょうか?」など、本商品と直接関係のないご相談は回答しかねます。また、お互いの時間節約のために「所得控除とは何ですか?」「標準報酬月額とは何ですか?」などご自身で調べれば解決できる類のご質問についてもご勘弁ください。その点のみ事前にご了解ください。

 

これは他のどこにもない実務コンテンツです!

最後に購入価格についてです。『役員退職金プラン爆販パッケージ』は“他のどこにもない実務コンテンツ”であり、新規の見込客にも、休眠客にも、既存顧客にも使えるものです。正直、そこから得られるあなたの手数料を考えれば、購入価格なんて屁みたいものでしょう。

購入者特典も含めて費用対効果でお考えください。今回、『役員退職金プラン爆販パッケージ』は49,800円(税・送料込)にてご提供いたします。

販売価格:税込49,800円
※別途、送料・代引手数料648円がかかります。
【オプションサービス|購入者サポート1年更新】 別途、税込10,000円

購入代金のお支払いは「代金引換払い」になります。商品と引き換えに購入代金をお支払いください。お支払方法は「①現金」「②クレジットカード」の2つからお選びいただけます。なお、商品はお申し込み後1週間程度でお届けします。クレジットカードは以下がご利用いただけます。

【役員退職金プラン爆販パッケージ|ご注文の流れ】%e6%94%af%e6%89%95%e6%96%b9%e6%b3%95

商品発送は「佐川急便のeコレクト」を利用しております。商品到着時にご不在の場合は「不在通知票」が郵便ポストに投函されます。そちらをご覧いただき、都合の良い日時に再配達をご依頼ください。

 

なお、商品の性質上、返金保証を付けることができません。『役員退職金プラン爆販パッケージ』は“知識情報自体”に価値があります。それゆえ、その知識情報をあなたが知ってしまえば、その時点で価値の交換は終わってしまうからです。また、購入後に「これなら知っている。だから返品してください」というご要望にもお答えできませんので、事前にご了承ください。

【教訓】良いものは“きっかけ”さえあれば必ず売れる!

世の中には、商品は変えずに、【売り方】を変えて大ヒットした事例が数えきれないくらい存在します。例えば、「お~いお茶」という有名なお茶があります。これは発売当初は「缶入り煎茶」という商品名だったわけですが、商品は変えず、「名前」を変えて大ヒットしたわけです。缶コーヒーの「BOSS」もそうです。発売当初の商品名は「WEST」でした。

また、商品は変えず、「売る相手」を変えて大ヒットしたケースもたくさんあります。例えば、「ポスト・イット」です。これなんかはもともと「接着剤」の失敗作だったわけです。ところが、ある日その接着剤の意外な用途を発見します。それが今の“付箋”としての用途で大ヒットにつながりました。他にも「刻み海苔専用ハサミ」として開発したが、まったく売れず、「プライバシー保護ハサミ」として売ったら大ヒットになったというケースもあります…

こうした事例と『役員退職金プラン爆販パッケージ』も同じです。世の中の商品・サービスはすべからく誰かの問題を解決するために存在します。しかしながら、その問題点がズレていると、いくら素晴らしい商品・サービスでも売れるようにはなりません。【役員退職金プラン】もそうです。

【役員退職金プラン】でフォーカスしている「退職金」という問題点が社長にとってズレているのなら、それを補正すればいいのです。つまり、ターゲットにしたい社長が前のめりになる【売り方】に刷新するわけです。そうやって【売り方】を変えれば、社長の反応もこれまでとはガラリと変わってきます。そして、反応が変われば成約率もダンゼン変わってくるのです。

【役員退職金プラン】を爆販したい保険営業マンのあなた。
今回ご案内の『役員退職金プラン爆販パッケージ』を使ってぜひその変化を実感してください!

あなたからのお申込みをお待ちしております。

株式会社担当営業
%e7%bd%b2%e5%90%8d

 

 

 

【免責事項】

本商品で公開されている内容、及び提供するツール等についてはいずれも作成時点における法令条文・通達に基づくものです。当然、合法性の確認を取っておりますが、記載内容の効果やメリットを100%保証するものではありません。また、記載内容に関してトラブルが発生した場合でも当社(株式会社担当営業/株式会社おまかせホットライン)及び著者は一切の責任を負いません。すべては購入者の自己責任となります。その点をご了解のうえご活用ください。なお、本商品の著作権は当社に帰属し、許可なく無断で転用することを禁止します。

 

新しい法人保険の販売モデル|役員退職金プラン爆販パッケージ

【本商品に関するよくある質問〈FAQ〉】

今回の『役員退職金プラン爆販パッケージ』について、いくつもの疑問や不安が残っている方もいることでしょう。そんな方のために「よくある質問」と「その答え」をリストにしました。お申込みの際の判断材料とされてください。

Q.『役員退職金プラン爆販パッケージ』とは?

「役員退職金プランとは何ぞや?」という部分は釈迦に説法でしょう。しかし、そのロジックに不安が残る方のために簡単に説明しておきます。(詳細は【コンテンツ|コンサルティング実践マニュアル】で確認いただき、この機会にライバルを圧倒する知識を身に着けてください)

【役員退職金プラン】とは文字通り、「役員退職金」を長期定期保険や逓増定期保険などの保険商品で用意するプランで、法人保険販売の“王道プラン”といえます。では、このプランのどこにメリットがあるのか。通常は会社→社長に資金移転しようとすると、そこには税や社会保険の高額な負担が待っています。最高税率なら55%は税金で消えてしまいます。(ここに社会保険料がプラスされたら「稼いでもお金が残らない…」と嘆く社長の気持ちが分かるでしょう)

しかし、ここに「保険」というツールを挟んで、「役員退職金」という名目で会社→社長に資金移転することで大きな経済メリットが生まれます。保険特有の「機能」を使えば、会社→社長への資金移転コストを大きく削減できるからです。会社と社長の双方にとって、です。その経済メリットは「数千万円単位」になるケースも珍しくないのです。

ところが、このように大きな経済メリットをもたらす提案にもかかわらず、保険営業マンにとって【役員退職金プラン】は“売りにくいプラン”というのが実情です。このプランでフォーカスしている「退職金」という問題点が社長にとってズレたものだからです。そこで、【役員退職金プラン】を爆販するためには「アプローチの方法」「セールストーク」「営業ツール」に至るすべてを作り直して、社長が思わず前のめりになる【売り方】に刷新する必要があるわけです。

また、【役員退職金プラン】のデメリットの1つに“長期間の保険料支払い”が挙げられます。これを嫌がる社長も大勢います。よって、この点も解決策を用意しておく必要があります。当然、役員退職金への深い知識も必要です。そうした一切合財をパッケージにして1つの【販売モデル】としてご提供する『役員退職金プラン爆販パッケージ』になります。

Q.どのような保険会社でも使えますか?

はい、使えます。『役員退職金プラン爆販パッケージ』で提案する保険商品はたいていの保険会社の商品ラインナップにあるものだからです。具体的には、「逓増定期保険」「長期定期保険」を販売するための実務コンテンツです。「医療保険」でも提案可能です。これらの商品であれば、たいていの保険会社で取り扱いがあるのではないでしょうか。

Q.保険営業マン1人でも完結できるスキームですか?

はい、完結できます。仮に、あなたが個人事業あるいは保険会社所属の保険営業マンで「法人税務や社会保険実務」について知識を持たない方でも、導入実務については【コンテンツ|コンサルティング実践マニュアル】で詳細解説しておりますので、ご安心ください。とくに税理士や社労士などとの提携は不要です。あなたが主体となって、提案から導入までの流れをアドバイスすることができます。(ただし、本プラン導入後の会計処理をするのはお客様の顧問税理士です。導入後の運用にあたってはお客様が顧問税理士と相談していただく必要があります)

Q.法人保険の販売経験がなくても使えますか?

使うことは可能です。しかし、率直にいって、それですと成約まではしばらく時間がかかるでしょう。たとえば、「税」と「社会保険」についてあなたがお客様である社長の知識を大きく下回っているレベルですと、仮に提案に至ったとしても、お客様からすれば、「経験と知識がない=問題解決できない」となってしまうからです。誤解しないでください。誰にでも「はじめの一歩」はあります。それがダメだと言っているわけではありません。

問題は別のところにあります。つまり、「使える」「使えない」ではないのです。重要なのは「あなたがお客様の問題を解決できるかどうか?」です。要は、「経験が足りない?」と自覚があるなら、はじめの一歩を踏み出しましょう。「知識が足りない?」と自覚があるなら、お客様の問題を解決できる知識を身に付けましょうということです。世の中はすべからく問題解決に対して報酬が支払われる仕組みになっています。

Q.購入後のサポートはありますか?

【オプションサービス】として購入者サポートも用意しております。これは『役員退職金プラン爆販パッケージ』のコンサルティング実践にあたって、あなたをサポートするものです。『役員退職金プラン爆販パッケージ』についてはロジックさえ理解できれば、導入実務も簡単です。もちろん、まったくの合法的プランですから安心して見込企業に提案していただけます。

その辺りは【コンテンツ|コンサルティング実践マニュアル】で詳細解説していますし、保険営業マンであれば【役員退職金プラン】そのものはよくご存知なはずです。よって、実務知識の豊富な方にはサポートは不要でしょう。(※当然、商品内容に関するお問い合わせにはご対応いたします)

とはいえ、『役員退職金プラン爆販パッケージ』は「税」や「社会保険」の知識を横断的に網羅した実務ノウハウです。とりわけ、個人事業主や保険会社所属の営業マンは営業現場で不明な点が生じたり、戸惑ったりすることもあるでしょう。そんな方のためにも「購入者サポートサイト」を用意しております。実務にあたって不安が残るようでしたら【オプションサービス】をお申し込みください。

Q.付属の販促ツール類を編集加工してもいいですか?

もちろんです。ご自由に編集加工していただけるよう、今回ご提供するすべての販促ツールはWORD形式にしてあります。あなたのアイデアで加筆・修正などして存分にお使いください。その際の当社へのご連絡も不要です。ただし、当然、この手の販促ツールはその内容からも特定保険会社の募集文書登録を取得することが難しいので、あくまでも市販本と同じで『著作物』として制作しています。保険会社等の対応を含めてご使用は自己責任でお願いします。

Q.「代金引換払い以外」の支払方法はありますか?

基本的に「①現金」または「②クレジットカード」による「代金引換払い」でお願いしております。事前振込みは不要です。なお、クレジットカードは分割払いも可能です。万一、商品お届け日に不在の場合は運送会社が「不在連絡票」をポストに投函しますので、その「不在連絡票」をご確認いただき、後日あなたの都合の良い日時で再配達の依頼も可能です。それでも他の支払方法をご希望ということでしたら、当社指定口座への振込扱いにてご対応させていただきますので別途ご相談ください。(※「振込手数料」はお客様のご負担となります)

Q.どんな人におすすめですか?どんな人が対象ですか?

これは逆に、「おすすめできない人」「対象でない人」についてお話します。「おすすめできない人」「対象でない人」とは「保険営業マンは保険を売るのが仕事」とビジネスを限定的に考えている方です。このようにお考えの方にはおすすめできません。最終目的は保険販売でも、その前段階としてのロジックを理解して社長の問題を解決してあげる。これができてはじめて保険契約の獲得が可能になります。

しかし、この大前提を十分理解してないと、お客様の問題を解決することはそっちのけで、とにかく目の前の相手に保険をセールスしようとしてしまいます。それでは何の価値もお客様に与えていないことになります。何の価値も与えてくれない営業マンの話に耳を貸すお客様はいませんから、当然そうなると保険販売にもつながらない。つまり、『役員退職金プラン爆販パッケージ』を使っても、成果が伴わないという結果に終わってしまうわけです。

これはお客様にとっても、あなたにとっても不幸な結末です。従って、「価値が先、利益は後」という商売の理念に共感いただける方。お客様が本当に求める「解決策」を提供することにビジネスの価値を見出せる方。『役員退職金プラン爆販パッケージ』はそんなあなたにおすすめの実務コンテンツです。